タイトル
Google
サイト内検索
たばこ&シガー・葉巻 トップ
会社概要
お問合せ
ご注文
おしらせ
オンラインショッピング
その他
おすすめ
ロゴマーク

本物の葉たばこの葉100%でつくられたシガーは、品質基準に厳しい農園から取られた口当たりの良い、マイルドでソフトな味わいです。ダビドフの商品はシガレットから葉巻、それに関わるアクセサリー類までどれも最上級の素材が使用され高度な技術を駆使して作られ、すべての製品が綿密なチェックを受けてから世に出荷されています。ダビドフの言葉の中に「葉巻を味わうことはひとつの出来事であり、くつろぎそして楽しみの期待のひとときでなければならない」とあります。

シガーとは唯一残された男の嗜好品。男文化の源泉です。喫煙の愉しみを再確認する新しい時代、新しい人たちに「ダビドフ」を心から捧げたいと思います。

ジノ・ダビドフ プロフィール

1906年3月11日 キエフで生まれる。彼の父、ヘンリーダビドフは「ハーマンジス」と呼ばれる東洋たばこのブレンダーでありテスター(味きき)であった。
1911年 ダビドフ一家はロシアを離れジュネーブへ。父、ヘンリーは、フィロソフ通りに店を開き、子供達(レオン、ジノ、ニーナ、ジョセフ、エレーヌ)に早くから巻きたばこ及びパイプ用たばこのブレンド技術を教える。
1924年 学校卒業後、アメリカを振り出しにアルゼンチン、ブラジル、キューバと世界を旅する。5年をかけてたばこの全ての技術(栽培、乾燥、発酵、ブレンディング、テースティング)を学んだ後、ジュネーブに戻り、父の店(のちにダビドフシガーとなる)葉巻セレクションをオープン。それは"葉巻倉"と云うヨーロッパならではのコンセプトであった。
1946年 ジノ・ダビドフはボルドー地方の高級ワインに刺激されて、有名な「シャトー」ラインの葉巻を作り出す。ジャーナリズム、とくにフランスの新聞はジノ・ダビドフの葉巻を名産品として報じ、彼の名は国境を超え、まずフランスにそしてヨーロッパに広がり、ついには世界的な評価を得る。
1994年 ジノ・ダビドフ死去
現在 キューバからドミニカ共和国へ畑と工場を移転したダビドフ・インターナショナルは今、新しい時代を迎えようとしている。ドミニカ共和国におけるたばこの栽培は、半島北西部の谷間、ウエルタ、キバーノで行われている。最高品質のたばこが収穫されるのは、J.ボゾノ、Tウィラ・ゴンザレス、ジャカグアの3つの農園である。ドミニカにおけるダビドフの共同経営者は、今世紀初頭からタバコビジネスを続けている由緒ある会社独立企業家で、第三者からたばこを仕入れる必要がないため、品質基準に正確に答えてくれる。それ故ダビドフはここドミニカにおいても、商品のクオリティを保つことが出来るのである。ダビドフはドミニカで新時代を築くのに4年の歳月を費やした。「葉巻を味わうことはひとつの出来事であり、くつろぎそして楽しみの期待のひとときでなければならない」。ダビドフの哲学は永遠に変わることはない。
ダビドフファミリー ダビドフ アヴォ グリフィン ジノ プライベートストック

喫煙は、あなたにとって肺がんの原因の一つとなり、心筋梗塞・脳卒中の危険性や肺気腫を悪化させる危険性を高めます。
未成年者の喫煙は、健康に対する悪影響やたばこへの依存をより強めます。周りの人から勧められても決して吸ってはいけません。
たばこの煙は、あなたの周りの人、特に乳幼児、子供、お年寄りなどの健康に悪影響を及ぼします。喫煙の際には、周りの人の迷惑にならないよう注意しましょう。

当サイトの全てのコンテンツにつきまして、許可なく転載する事を禁じます。