タイトル
Google
サイト内検索
右上角丸
たばこ&シガー・葉巻 トップ
会社概要
お問合せ
ご注文
おしらせ
オンラインショッピング
その他
おすすめ

葉巻・シガーの基本知識その3

ハウツー 葉巻・シガーの基本知識その1 葉巻・シガーの基本知識その2
葉巻・シガーの基本知識その3 葉巻・シガーの基本知識その4

「種から煙まで」

葉巻・シガーの産出国

 シガーの品質と製造量等をトータルに考えて、世界の3大シガー産出国は以下の国々である。

●キューバ(CUBA)

●ドミニカ共和国(DOMINICAN REPUBLIC)

●ホンジュラス(HONDURAS)

栽培、加工、製造

 たばこはナス科、たばこ属の1年草の植物である。シガー用のたばこは高さが1.5メートルから2メートル近くになり、葉の大きさも、大きいものでは50〜60センチを超えるものもある。特に、ラッパー用のたばこはタパド(TAPADO)と呼ばれる白い布を畑全体に覆い被せ、葉に傷が付かないよう細心の注意が払われて栽培される。収穫は地面に近い下層部の葉から順次上層部に移っていき、一枚一枚すべて手摘みである。

栽培、収穫

 たばこは乾季(10〜3月)に栽培、収穫する冬作物である。雨季(4〜9月)は畑を完全に休ませる。二毛作をすると畑の土壌が荒れ、良い葉は収穫できない。

9〜10月    畑の準備を行う。

10〜11月   苗床に種を撒く。その後、苗を選別し畑へ植え替える。

1〜2月     葉の収穫を行う。

キュアリング

 収穫された葉は選別され、キュアリング(CURING)を行う。この時、キュアリング・バーンの中でグリーンの葉は徐々にブラウンヘと変わっていく。これは葉の保存加工の工程であり、乾燥とは異なる。

発酵、熟成

 それぞれの葉は着葉位置に応じて異なる長さの発酵期間、熟成期間を迎える。上層部の葉(強い)は長く、下層部の葉(軽い)は発酵の期間、熟成の期間が短い。

ブレンディング

 葉の中央の葉脈(中骨)を抜き取られた後、葉は選別され、それぞれの銘柄のブレンドが組み立てられる。 ブレンドの決定要因はいくつも考えられるが、以下の4つが特に重要な要因としてあげられる。

1.収穫された年(天候、日射量、降雨量等)

2.産地(地域、畑、栽培農家等)

3.品種(葉の品種:オロール、ピロート、サンビセンテ等)

4.着葉位置(葉の層:リへロ、セコ、ボラド等)

ローリング

 フィラーを束ねる。この時、葉を捻じってはいけない。空気の通り道が塞がれて吸い込み(ドロー)が悪くなる。束ねたフィラーをバインダーで巻いていく。葉の密度が全長に渡って均一でなければならない。型(モルド)に入れ、プレスする。プレスしてできたシガーの原型をバンチという。 つまり、シガーとは、

FILLER+BINDER=BUNCH

BUNCH+WRAPPER=CIGAR

CIGAR=FILLER+BINDER+WRAPPER

ということができる。型の付いたバンチに、皺にならないようにラッパーを伸ばしながら巻いていく。最後にヘッドを糊止め処理し、フットを規格通りにギロチンでカットしてシガーの完成である。この後、検品、熟成、カラーグレーデイング、リング貼り、箱詰め、となる。

シガーの保管

  シガーを保管する上で重要なことがいくつかあるが、以下のことが特に重要である。

1.湿度70%前後の恒常性
2.温度18℃前後の恒常性
3.新鮮な空気と循環
4.異臭のない所
5.清潔な所
6.直射日光の当たらない所

 保管にはユミドール(HUMIDOR)と呼ばれる保湿箱がある。 どのように素晴らしいシガーがあっても、どのように素晴らしいサーヴイス・テクニックがあっても、保存状態が悪いシガーでは意味を成さない。すべては適切な保管の上に成り立っており、保管に気を配って配り過ぎということはない。

■参考文献:広見護著『葉巻の世界〜贅沢な時間の過ごし方〜』(日東書院刊)

ハウツー 葉巻・シガーの基本知識その1 葉巻・シガーの基本知識その2
葉巻・シガーの基本知識その3 葉巻・シガーの基本知識その4
左下角丸 右下角丸

喫煙は、あなたにとって肺がんの原因の一つとなり、心筋梗塞・脳卒中の危険性や肺気腫を悪化させる危険性を高めます。
未成年者の喫煙は、健康に対する悪影響やたばこへの依存をより強めます。周りの人から勧められても決して吸ってはいけません。
たばこの煙は、あなたの周りの人、特に乳幼児、子供、お年寄りなどの健康に悪影響を及ぼします。喫煙の際には、周りの人の迷惑にならないよう注意しましょう。

当サイトの全てのコンテンツにつきまして、許可なく転載する事を禁じます。