タイトル
Google
サイト内検索
右上角丸
たばこ&シガー・葉巻 トップ
会社概要
お問合せ
ご注文
おしらせ
オンラインショッピング
その他
おすすめ

葉巻・シガーの基本知識その4

ハウツー 葉巻・シガーの基本知識その1 葉巻・シガーの基本知識その2
葉巻・シガーの基本知識その3 葉巻・シガーの基本知識その4

葉巻・シガーのカットとマッチによる点火

リング

 葉巻・シガーに付いているリングは取らない。無理に取るとラッパーが傷付く可能性がある。

カット

 葉巻・シガーのヘッドをカットするのに適した方法は2種類ある。フラットカットをする場合、適した器具は2種類ある。

カットの方法

フラットカット

ラウンドカット

器具

シガーシザー、ダブルギロチン

ラウンドカッター

 カットする位置はヘッドの丸みを残した程度の深さ。浅すぎると奇麗に切れない。深すぎるとヘッドで糊止めされて巻かれている葉がほどけてくる。スパッと奇麗にカットする。

点火

 葉巻・シガーにマッチで点火する場合、マッチと葉巻・シガーの角度には密接な関係がある。以下の点に気を付ければ、効率的な点火が可能になる。

1.マッチはあらかじめ箱から出して、グラスに入れておく。

2.シダー(杉の薄い板)で点火すると燃え広がるので、必ずシガー専 用のマッチを使用する。

3.キャンドルを用意し、マッチはキャンドルの炎で点火する。キャンドルをあらかじめ用意することにより、マッチを擦る両手の動作が片手で済む。

4.シガー全体を炙らない。フットの着火面のみを炙る。

5.シガーは炎の先端から約1センチ離し、遠火の炎で点火する。

6.シガーをゆっくり回転させ、フットの着火面に均一に点火する。片燃え しないよう注意する。

7.炎はマッチ棒に発生する訳だから、シガーとマッチの角度は上部から見た場合90度に 保持し、シガーの着火面とマッチに発生する炎の面を合わせた方がより合理的である。

8.ラッパーは燃焼特性が良い為、黒く焦げ易い。着火面のみを炙るには、シガーを床に対して45度の角度で保持した方が合理的である。

9.マッチは2本までを限度とする。1本のマッチで1分が目安である。

10.マッチの頭を上げれば炎は小さくなる。下げれば大きくなる。マッチの炎の火力を有効に使い、マッチの炎をシガーに移行させる。

11.点火のサーヴイス中は、必ず下に灰皿をあてがう。灰皿にはあらかじめ水を少し入れておくと火がいつまでもくすぶることが防げる。

12.風上にマッチ、風下にシガーを持つと火力を有効に利用できる。

13.シガーに息を吹きかけない。

14.点火中に何回かシガーを炎から遠ざけることにより、着火面が空気に触れ、点火し易くなる。煙が立ち昇るので視覚的にも完全な着火が判断できる。

15.シガー用の灰皿にセットして右側にサーヴイスする。

16.再点火用のマッチを必ずオンテーブルする。

■参考文献:広見護著『葉巻の世界〜贅沢な時間の過ごし方〜』(日東書院刊)

ハウツー 葉巻・シガーの基本知識その1 葉巻・シガーの基本知識その2
葉巻・シガーの基本知識その3 葉巻・シガーの基本知識その4
左下角丸 右下角丸

喫煙は、あなたにとって肺がんの原因の一つとなり、心筋梗塞・脳卒中の危険性や肺気腫を悪化させる危険性を高めます。
未成年者の喫煙は、健康に対する悪影響やたばこへの依存をより強めます。周りの人から勧められても決して吸ってはいけません。
たばこの煙は、あなたの周りの人、特に乳幼児、子供、お年寄りなどの健康に悪影響を及ぼします。喫煙の際には、周りの人の迷惑にならないよう注意しましょう。

当サイトの全てのコンテンツにつきまして、許可なく転載する事を禁じます。