タイトル
Google
サイト内検索
たばこ&シガー・葉巻 トップ
会社概要
お問合せ
ご注文
おしらせ
オンラインショッピング
その他
おすすめ

ダビドフ シガー テイスティング

ダビドフ葉巻工場レポートトップへ たばこ産地とケルナースケールへ
プレゼンテーションの写真
プレゼンテーション バイ
レイモンド シューラー
のひとコマ
レイモンド シューラー
ダビドフ インターナショナル
副社長 レイモンド シューラー氏
シガーテイスティング表

ダビドフの芳醇な香りの葉巻はオロールドミニカーノ葉、ピロト クバーノ葉、それからドミニカで開発されたサンビセンテ葉をブレンドして作られています。ラッパーはコネチカット葉を使用しています。

葉巻のうまさは舌の4つの味覚を使って味を感じています。

左の図を見てもらうと分かると思いますが、これは人間の舌をあらわしています。

左図一番下の表から、SWEET・甘さ(舌図では舌先(ピンクの部分)です)、SALT・からさ(舌図では舌前方の両側(ブルーの部分)です)、ACID・すっぱさ(舌図では舌後方の両側(黄色の部分)です)、そして舌図の真中上のブラウンのところが、BITTER(にがさ)である。

それぞれの葉の特徴
◆オロールドミニカーノ葉:マイルド
◆ピロト クバーノ葉:ストロング
◆サンビセンテ葉:ミディアムストロング

それでは次に実際にテイスティングをしてみましょう。

テイスティング用の葉巻

ここに用意された4本の葉巻

1番、2番、3番、COMPLETE(コンプリートは、すでに灰になってしまいました!?)

◆1番の葉巻を、テイスティング。
うーん...スカスカで迫力に欠けます。重みがまったくありません。ものすごく軽いです。

◆2番の葉巻を、テイスティング。
深さはありますが、すっぱさや、苦味が強調されていて、甘さが感じられません。

◆3番の葉巻を、テイスティング。
1番と2番よりは葉巻に近いが、ストロングです。喫味に深さは感じられなくて、甘さとにがみが印象に残りました。

◆COMPLETEの葉巻を、テイスティング。
このようにテイスティングしてみると、よく分かりますが、1本の葉巻でも、いろいろと考えられて、ブレンドがなされているのがよく分かります。ちなみにこのコンプリートはダビドフ グランクリュNo.2だそうです。やはりキチンとブレンドされた葉巻が一番美味しいです。

結局、1番〜3番までの葉巻は、特定の葉だけで巻かれていたのですが、それを下記の表にまとめておきます。

葉巻
1番の葉巻
2番の葉巻
3番の葉巻
コンプリート
フィラー オロール ドミニカーノ葉 サンビセンテ葉 ピロト クバーノ葉 ファイナルブレンド
バインダー オロール ドミニカーノ葉 サンビセンテ葉 ピロト クバーノ葉 サンビセンテ
ラッパー コネチカット葉 コネチカット葉 コネチカット葉 コネチカット葉
ダビドフ葉巻工場レポートトップへ たばこ産地とケルナースケールへ

喫煙は、あなたにとって肺がんの原因の一つとなり、心筋梗塞・脳卒中の危険性や肺気腫を悪化させる危険性を高めます。
未成年者の喫煙は、健康に対する悪影響やたばこへの依存をより強めます。周りの人から勧められても決して吸ってはいけません。
たばこの煙は、あなたの周りの人、特に乳幼児、子供、お年寄りなどの健康に悪影響を及ぼします。喫煙の際には、周りの人の迷惑にならないよう注意しましょう。

当サイトの全てのコンテンツにつきまして、許可なく転載する事を禁じます。